HOME > 勝利のブログ

勝利のブログ

新規入塾生がばんばん来てくれています

こんにちは!
四月も下旬を迎えました。
つい先日2018年になったと思ったのに、もう3分の1が終わろうとしています。
時の流れは速いものですね。

さて、学生の皆さんはそろそろ新しい環境に慣れてきた頃でしょうか?
春は出会い、別れ、多くの変化がある季節ですよね。

ジークにもたくさんの新規入塾性が来てくれました!
塾生が学校の友人や知り合いにジークを紹介してくれるというのは、とても嬉しいことですね。

学生の皆さんが新学期に良いスタートを切れるよう、我々一同はりきっています!
皆様にとってもこの春が、この新年度が良いものとなるようお祈り申し上げます。

この時期ならではの嬉しいこと

こんにちは!

新学期が始まって一週間ほどが経ちましたね。
生徒達もそれぞれ新しい環境を満喫しているようです。

さて、この時期ならではの嬉しいことがあります。
それは生徒達が進学先の制服を着てきてくれること!

制服というものは、受験を戦い頑張った人だけが得られる「勲章」です。
シワ1つないピシッとした服に身を包んだ姿はとても凛々しい!

皆に、心からおめでとう、と言ってあげたくなります。
今、あなたがその制服を着られるのはあなたが必死に頑張ったからこそ。

戦って勝ち取ったというこの経験、どうか大切にしてもらえたら嬉しいです。

中高一貫校に通っているから受験はまだ先のこと?

こんにちは!
いよいよ新学期がスタートしますね!

小中学校、高校、大学など、新たな舞台へ旅立つ皆様、本当におめでとうございます!
どんな生活になるのか皆さん期待に胸をはずませていることでしょう。

さてさて、今回はそんな方々の中でも特に「中高一貫校へ進学される皆様」に向けてお話をしようと思います。
中高一貫校の特徴といえば何でしょうか?

・6年間受験がない

ということを大きな特徴としてあげる方が多いのではないでしょうか?
この言葉は、2つの解釈をすることができます。

「6年間受験がないから学校生活にゆとりがもてる」
「大学受験の準備に6年間かけることができる」

どちらの考えも正しいと思います。
ただ、ジークでは中高一貫校は「大学受験の準備に6年間かけることができる」という風に考えています。

受験が終わった!さあ1、2年まったりしよう!
ではありません。

受験が終わった!さあ、次に向けての準備を始めよう!
という考え方です。

厳しく聞こえるかもしれませんが、実際、勉強をする習慣が生活から抜けてしまうと、いざ受験が近づいてきた時に勉強をする習慣を付けるだけで何ヶ月もかかってしまいます。

このとき苦労するのは生徒自身です。

勉強漬けにしようというのではありません。
ただ、せっかくの勉強をするという習慣は、意識して保っていてほしいと思います。

勉強をすることと遊ぶことの両立は決して難しいことではありませんから。

復習か?予習か?

「先生、時間がある時って復習をやった方がいいですか?予習をやった方がいいですか?」

とある中学生の生徒に質問をされました。
もちろん、両方やれたらそれにこしたことはありません。ですが、もしその時間が取れない時はどちらに力を入れるべきなのでしょうか?

答えは、予習です。

というのも、学校の学習というものは下からの積み重ねで成り立っているものです。
こう書くと、じゃあ復習しないとまずいんじゃない?という気がしてきますがそうではありません。なぜなら、焦って復習をしなくても、予習を先へ先へ進めていけば必ず復習をしないと解けない範囲が出てくるからです。

復習は、その時にすれば良いのです。当たり前ですが、下の土台がないと上に積み重ねられませんよね。
そのとき初めて、前の範囲に戻れば良い。つまり、予習をすることは、自然と復習をすることにもつながっていくのです。

だからこそジークでは、生徒には予習をやってきてもらい授業では分からなかった所の解決を重視する「反転授業」の形をとっています。
予習を先へ先へ進めていく癖がつけば、それだけで学習のスピードはグッと速くなりますから。

現代文は感覚で解くものではない、という話

こんにちは!

皆さん、「現代文」は得意でしょうか?
現代文に苦戦している生徒が「書いている人の考えなんて分かるわけない」というようなことを言っていたので今回のブログを書きました。

まずはっきりと明言しておきたいのは
「現代文は他人の頭の中を予測して解く学問ではない」
ということです。

「現代文は書いてないことを予測して解かなくてはいけない」と考えている人は一定数いるのではないでしょうか。
むしろ逆です。現代文は本文に書いてあることだけを使って解かなくてはいけないのです。

本文において繰り返し用いられている言葉は何か
話題はどこの段落から切り替わっているのか
本文の主題はなにか。結論はなにか。
共通の事実は何か。筆者自身の意見はどこに書かれているのか。

などなど、本文に書いてあることを論理的に組み立て、構築していく学問なのです。

そう意味では文系の代表科目でありながら思考自体は理系科目に近いといえるでしょう。

論理的に組み立てるものだからこそ、答えが複数あるということはありません。答えはきっちりと用意されているのです。
苦手意識を持っている人はぜひ、今一度参考書を読みなおしてみてください。

きっと新しい発見がありますよ。

継続は力なり

私事ですが、初めて筋肉の凝りをほぐすマッサージをプロの方にやっていただきました。
いやはや、すごいですね。固まっていた肩が嘘のように軽くなりましたよ。
なるほど、この効果を実感してしまうと定期的に通ってしまうのも納得です。

しかし、担当してくださった方によると何もしないでいると一週間程度で前の状態に逆戻りしてしまうそうです。
だから、定期的に通って少しづつ間接の稼働域を広げていくことが大切なのだそうです。

勉強も同じだな、と思いました。
一度や二度の勉強で知識が増えたような気にはなっても、それから何もしないでいると成績は上がりません。
学んだ後に繰り返し復習をすることで知識として蓄積されていくのです。

聞いた所によると、人間の脳と体には現状を維持しようとする力があるそうです。
だから、勉強やストレッチなどで脳や体に変化を与えてあげても、数日で元に戻ってしまうのだとか。
現状維持の機能がないと日常の中に情報量が多すぎてパンクしてしまうという話を聞いて、「なるほど」と思いました。

だからこそ、脳や体に刺激を与える回数が大切になってきます。
脳や体に、「これは忘れてはいけない大切な情報だよ」ということを教えてあげる必要があるんですね。

面白いことに、「頭の中でどれだけ重要だと思っているか」は大きくは影響しないそうなんです。
優先すべきは刺激を得る回数。何回も何回も目を通し覚えようとしていれば、自然と覚えていってしまうものなのです。

どのような姿勢で勉強にとりくむべきか、なんとなく見えてくるお話ですね。

勉強を頑張る意味ってなんだろう?

勉強を頑張る意味って何だと思いますか?
大人の方は皆様それぞれその答えを持っていることと思います。
ですが、子供の頃には勉強の意味をなかなか見出せないもの。

先日すべての受験が終わり、大学受験を終え卒業していった生徒以外はひきつづき勉学に励んでいます。
そんな皆を見ていて思うのは「受験を乗り越えて顔つきが大人になったなあ」ということです。

小学生は中学生らしく、中学生は高校生らしく、顔つきもキリッとしたような気がして、なんだかとっても頼もしいです。
そしてその変化はどやら下の学年の生徒達にもしっかりと伝わっているようです。

ジークでは、どの学年の生徒も同じ場所で学んでいます。
だからこそ、受験を乗り越えた先輩達の顔を間近で見ることができるのです。

百聞は一見にしかず。
大人がいろいろな言葉で勉強することの意味を伝えるより、受験を乗り越えた先輩の顔つきを見せる方が深く胸に響くでしょう。

勉強しなきゃいけないことは、「頭」ではみんな分かっているのです。
だからこそこういった「胸」に響くような姿を先輩が見せてくれると、とても嬉しく思うのです。

こういった、子供達がグッと成長していくような様を見られることは幸せなことだなあと強く感じます。

最大の敵、それは花粉。

こんにちは。
皆さん、花粉症ですか?

私は花粉症です。塾長先生も今年から花粉症になりました。

花粉症というものはなかなか厄介なもので、
体のだるさ、思考力の低下、眠気
などなど、勉強の妨げとなる症状が数多く発症します。

というわけで今回は、塾長花粉症発症記念(?)として
「おすすめの花粉症対策」をご紹介していこうと思います。

といっても、何か特別なことを書く訳ではありません。
広く知られていることを再確認していこうというのが今回の目的です。

•予防
帰宅したらすぐに着替えるようにする
適度な運動を心がける
睡眠不足にならないよう生活リズムを正す
マスクをつける
こまめな洗顔、うがい
シャワーで洗い流す。

•発症後
加湿をこころがける
はなうがいをする
目はこすらずに、冷たいタオル等で冷やす

基本的にはこれらのことを気をつけていれば症状はグッと抑えられます。
最近では花粉症に効く薬もたくさんでていますから、つらい時は無理せず病院に行くようにしましょう。

勉強だけでなく、日常のさまざまな活動の妨げとなる花粉症。
正しい知識を身につけてしっかりと対策していきましょう!

3月、実は勉強のチャンス!

こんにちは!

世間はすっかり卒業シーズンですね。
当然、ジークにもそれぞれ小学校、中学校、高校を卒業した生徒がたくさんいます。

では、四月の入学式までおもいっきり遊ぼう!
…はたしてそれでいいのでしょうか?

学生さんには、年間を通して「長期間学校に行かない期間」が複数回あります。
夏休み、お正月、GWなどですね。

ではその中で「宿題が出ない期間」はどのくらいあるでしょうか?
おそらくほとんどの学生さんにとって卒業してから入学するまでの期間以外に存在しないのではないでしょうか。

いいかえればこの期間は数少ない「自分の学びたいことに時間を費やせる期間」なのです。
前の内容が不安だったら復習をしても良いでしょう。学校で良いスタートダッシュをきりたいなら予習をしても良いでしょう。

こういった話をすると「勉強ばっかじゃ疲れちゃうよ!」とよく言われます。
しかし、私は何も「遊ぶな」といっているわけではありません。むしろ「思いっきり遊んでほしい」と思っています。
よく遊び、よく学ぶ、そんなに難しいことではないはずです。なんせ卒業してから入学するまでは二週間以上の時間があるのですから。

ただ、この期間は「先の学習のための準備がおもいっきりできる期間」
であることを忘れないようにしてもらえるといいですね。

神奈川県模試 成績優秀者がでました。

先日行われた神奈川県模試の結果が返ってきました。

毎回上位百名が成績優秀者として掲載されるのですが、なんと今回の試験では受験サポート塾ジークから3人の名前が載りました!

現在この塾に在籍している受験生の中学三年生は6名。その中から三人の名前が載るというのは本当にすごいことです。
これも、皆がここまでひたむきに努力を続けてきた結果です。

生徒が頑張っている姿というものはなんだかこちらまで励まされてしまいますね!
さあ、いよいよ本番まで後少しなってきました。

最後の最後まで駆け抜けることが大切です。
がんばれ皆!

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ