HOME > 生徒さん・親御さんの声

生徒さん・親御さんの声

東京女子大学 合格者の声

東京女子大学 日本文学専攻 合格
現代教養学部 心理学専攻 補欠

現代文
漢字練習とキーワード読解(Z会)、出口さんの問題集をやりました

古文
古文単語、Z会の一番易しい問題集、センターの説明が詳しい問題集
現代語訳を記述する問題集、文法書の暗記をやりました。

英語
長文の問題を高2レベル〜難関大レベルのまで、1つの問題につき10回音読
Vintage(文法の参考書)10〜苦手なものは15回くらい繰り返す。
学校の文法ドリル(1100)できないのをできるまで
例文300個暗記。速単(必修)センター終わってから上級1日5個、ターゲット熟語 をやりました

日本史
一問一答、史料、図説、年号の暗記、エンカレ(進研ゼミ)をやりました。


30分前にキャンパスに着いたら他に人がいなくて、発表日を間違えたのかと思いました。
構内に番号が張り出されて、自分の番号があって信じられませんでした。

12月に受けた模試での合格可能性は20%のE判定。今まで全く勉強してこなかったわけじゃなくて、むしろ量だけは大分多くやっていると思っていました。
それでもE判定以外とったことがなくて、何をどれだけやっても全然成果が出ませんでした。

10月の時点でセンターの英語は3割、11月に古文も3割、12月に日本史4,5割くらいしか取れていない…
得意だった現代文も半分取れなくなってきたりしました。

本命どころか併願も危うくて、大学生になれないんじゃないかって思いました。
友達や先生にたくさん相談して、お母さんと志望大学のこともいっぱい話し合って、その時期本当色んな人に支えてもらいました。

冬休み、毎日ミウィの勉強スペース(?)で頑張った成果が出たのか、センター本番では3教科平均7割近くいきました。何とか併願は取れて一安心…そのせいか2日連続転びました。それでも本命はE判定のはるかに下にある20%未満で、センター利用志望者の中で340/382位。赤本だって6割〜7割できないと受からないのに良くて5割しかできなかったのでもう駄目かと思いました。

入試2日前に東女に通っている先輩から応援メールが来て、「A判定で落ちる人がいるから、最後まで諦めちゃ駄目だよ」っていわれました。日本史は直前で伸びると思ったので、最後一番力を入れました。試験前日、緊張しすぎて眠れず、きっと入試もできてないんじゃないかと思いました。でも、赤本解いていた時よりは時間に余裕があったような気はしました。

本当にギリギリの合格でした。でも絶対最後まで諦めちゃいけないんだって思いました。本当に受験してよかったです。


東京海洋大学合格者の保護者様の声です

息子が東京海洋大学 海事システム工学部に入学して3ヶ月が経ちました。
座学では毎日レポートや小テストにおわれ、実習では早朝のカッター(大型船の横に
ついている救命ボート)訓練や夏の1ヶ月の乗船実習にむけての実学等忙しい日々を
送っているようです。ただその勉強全てが将来航海士になるという夢のためであり、大変
でも本人はとても充実した楽しい日々を送っているようです。これも「大丈夫です。榎本
君は行けます!!」というジーク吉原先生の心強い一言から始まり、1年間みっちり指導
をしていただいたお陰です。

高校3年間を部活三昧で過ごした息子。それに加え3年の春までは漠然と私立理系と
考えていたため文系教科には全く手を抜いた状態でした。夏頃、以前から船には興味が
あったのですが、たまたま航海士を目指せる大学が有るということを知り、突然「自分の
行くところはそこだ!!」となったようです。しかし高校3年の夏から国立を目指すには
あまりに遅かった(もちろん3年間文系・理系教科をしっかりやってきた子は、そこから
の頑張りでいけるのでしょうけど)。現役での受験は惨憺たる結果でした。

浪人決定となった時、親としては1年間生活の大半の時間を占める場所として、何となく
大手予備校なら安心かな。情報量も多く、同じ仲間も多ければ助けになるかなと思い
息子に提案したのですが、ジークで一年間頑張る。吉原先生の指導を受けたいと頑として
譲りませんでした。正直上の子の時(大手予備校)、良く指導して下さり結果的には良
かったのですが、まわりではほとんど受かる子もいれば、残念ながらことごとく落ちて
しまうというのも現実でした。それには大きな差があるとは考えにくく、みんな同じに
頑張っていただけに、“一年浪人すれば必ず良い結果がでる”とは限らない、一般受験の
厳しさを痛感させられました。それだけに息子が一年間をどのように計画建て、ゴール
を得られるかは塾選びが大変重要だと思いました。(自分でどんどんやっていくタイプ
ではないので)

一年間の勉強は理科・数学に対しては夏過ぎまで徹底的に基本からやり直させていました。
英語はいつまでにこれだけの単語を習得するという一年でのスパンが決め、最後は長文を
どれだけ早く理解して解けるかまで指導して下さっていたようです。自習もしっかり
させていました。時にはブロードバンドをつかって自分の不得意を繰り返しチェックした
り、いろいろな方向から戦略を練って下さっていたようです。というのも月一度吉原先生
から親向けに『今こういうところを指導しています。ここのところが弱いのでご家庭でも
しっかりやるように声かけて下さい』という報告を下さり、それがとても安心につながり
ました。10月ごろ「今ここの基本を洗い直しています」と聞いたときは『もうセンター
まで3ヶ月を切っているのに大丈夫かな?』と内心不安になりましたが、今思えばそれが
センターでの良い結果につながったと改めて思います。センターで良い結果を出せた
ことで、センター利用で出したところの大学の合格も数校いただいき、それがその後の
受験での精神的な助けになったと思います。センター後約1ヶ月で私立理系の受験が
始まるのですが、基本をみっちりやったお陰で、その1ヶ月で私立の難しい試験にも対応できたのではないかと思います。

今回の受験は本当に吉原先生の実績と経験あるご指導が、最後受かるまでの実力を付けさせて下さったのだと思います。一緒に頑張った仲間全てが、本人達の希望する大学に合格
することが出来ました。
志望校をさげることなく自分の行きたいところに行けたことは本当に幸せです。
今生き生きとして大学に通っています。一年間本当にありがとうございました。

母より


東京藝術大学合格者の保護者様の声です

このたびは本当にありがとうございました。親としては無理であろうと思っていた第一志望の東京芸大に合格できたのはジークで教えていただいたお かげ様と思っております。
 私学の一貫校に通学していましたが、子供の浅はかな考えで、「別に必要ないんじゃない」と思った科目はいくら言っても勉強しないという困った子 でした。中学時代など公立を対象とした自宅近辺の大手塾とは進路が合わず、大学受験を前にして、段階に合わせた指導が受けれるという塾に入れてみ ましたが、結局成果は上がりませんでした。通常の大学受験と異なり、志望校に合格するためには、美術の実技の他に、センター試験である程度の成績 をとる必要がありました。
 そこで、もっとレベルにあった内容で、勉強の楽しさを親身になって教えてくれる個人塾のようなところはないものだろうかと、ネットの情報を頼り にいくつかの塾を尋ねました。実は他の塾の先生が私共の困っている点を聞いて、自分のところよりもジークがいいですよと教えてくれたのです!
 何か所か体験授業をうけたのですが、ジークから帰ってきたときに「数学やったのに頭が痛くならなかった!」と娘が報告したのには驚きました。塾 が2時からのスタートということで、午前中が怠惰にならないかは心配でしたが、娘の感触にかけてみることにしました。
 それからは暖かい親身なご指導と、周りの勉強仲間にも恵まれ、午前中も含めてウイークディはジークのご指導で勉強に集中し、週末は美術塾に通う という毎日を継続することができました。センター試験の得点も1年で14%も上昇し、合格の理由となったと思います。
 唯一の後悔は姉も含めてもっと早くお願いしていれば、現役合格できたのかなということです。
 塾長は見た目と異なり(失礼!)とても根気強く、しかも愛情をもって指導してくれます。単に勉強だけでなく、態度や生活まで親身になって指導さ れておられました。そして、教えることに誇りを持っておられます。このような教育者は少なくなったと感じておりましたので、私共は大変幸運だった と思っております。
本当にありがとうございました。


東京歯科大学合格者_保護者様の声です

友人のお子さんが通っていた話をきいて、ジークを知りました。高校では、宿題や小テストが多いため、学校の勉強を中心にして、なるべく負担をかけないように個別にしました。自主制を重んじてわからない所を質問する勉強法は、彼女に合っていたと思います。吉原先生には学部選択の時点でアドバイスをして頂きました。なかなか志望する学部が決まらずにいましたが、理系の先生ならではの適切なもので大変参考になりました。
塾で学んだことを糧として大学でも勉強に励んで欲しいと思っています。いろいろとご指導いただきありがとうございました。


直感って大切!

高三になる直前から先生にお世話になりました。様々な塾を見学、体験をしましたが、先生にお会いし、娘も「ここだ!」と直感しました。直感通り、信頼でき、厳しさの中にも温かさのあるファンキーな先生でした。どんなに素晴らしい設備、教材があっても結局は人が人を育てるのだと思います。吉原先生は一人一人の生徒さんを親身になって指導して下さいます。合格をいただいた娘に対しても「もっと伸ばしてあげたかった、また自習にいらっしゃい」と言って下さいました。なんて温かい言葉なんでしょう……


百聞は一見にしかず。

良い意味で型破りな塾長が、熱心に指導をしてくださいます。分かりやすく丁寧な指導はもちろんのこと、精神面でも随分と鍛えていただき、娘も志望大学に合格出来ました!娘は高校2年の夏頃からご指導頂きましたが、受験勉強に煮詰まると、「もっと早くヨッシー(生徒は塾長をこう呼びます)に教えてもらいたかった」とぼやき、中1の弟に「あんたはラッキーだよ。今から大学受験を見据えた勉強ができるんだから」と言ってました。受験目前の崖っぷちの姉の言葉が、ジークの特徴そのものだと思います。
ジークの良いところはたくさんあるのですが、あえて3つだけ書くとすれば…

①塾長の目の届くスペースで、学年の異なる生徒たちが学習している点。
 →上級生が猛勉強している様子が、下級生に刺激を与えます。
②月1回の学習状況報告で、子供の進捗がよくわかる。
 →塾長と親の連携が良いと、子供も気が抜けません!
③塾長に気軽に相談ができる。
 →私にとっては、これが最大の魅力です。メールや面談で相談にのって頂き、本当に感謝してます。

百聞は一見にしかず。この口コミにピンと来たかたは、ぜひ一度、塾長に会って話してみてください。

□□□吉原より□□□
型破りな塾長のよっしーです。大学合格おめでとうございます。合格の秘訣は何といっても揺るぎない志望校への情熱だったと思います。「絶対に合格する!」という強い気持ちが合格へと導いたのではないでしょうか。ご指摘の通り合格には学力だけでなく強い精神力も必要です。
不安な受験生の精神的負担を少しでも軽減するべくサポートできればと思い塾を開校しました。
次は、弟さんですね。これからも徹底的に指導していきますのでよろしくお願い致します。


頼りになる塾

20年間塾で仕事をし経験をつんだ先生が独立し開いた塾です。
アルバイト学生は使わず全部塾長である先生がしっかり責任を持って見てくれています。
子供の性格、特性を見抜いた上で合った指導してくださるので入塾後2ヶ月でやる気が出てきました。
何が原因で成績が伸びないのか、どうすればもっと伸びるかを的確に親身になってアドバイス面談して下さるので頼りになります。
経験をつんだプロの丁寧な指導、そしてその時々の必要に応じて受験科目だけでなく学校の苦手科目も教えてくださる個人塾ならではの臨機応変な対応、メリットの多い塾だと思います。

□□□吉原より□□□
コメント有り難うございます。生徒さんの実力や個性に合わせた指導は学力向上の必須条件ですね。個別対応のため多くの生徒さんを指導することができないのが辛いところです。
これからも楽しく勉強出来る環境を提供できるよう元気に頑張ります。


冬季特訓

冬休みに、数Ⅰと数Aの特訓を受講しました。普段の学校の授業や塾で解いている問題とは、比べものにはならないほど難しく、1問解くのにものすごく時間がかかりました。しかし、難しい問題が解けた時は、とても嬉しかったです。それに、解説を見ても理解出来ない問題は、先生に分かりやすく教えてもらえたので納得して理解ができたのでとても良かったです。これからも、第一志望の大学に合格出来るように、これまで以上に頑張ります。

□□□吉原より□□□
特訓の数学は難しかったですよね?あのレベルの問題を高1で解けるのだから数学力は相当高いです。
後で焦らないように今からできる事は最大限にやっておきましょう。これからも応援しますよ。


塾の授業をうけて

私はジークに通い始めてから数学がとても得意かつ好きな科目なりました。今まで苦手だった数学の楽しさを教えてくれました。先生が優しく質問しやすいのでなんでも聞けるのがいいです。このまま大学受験まで先生についていきたいと思います。

□□□吉原より□□□
数学って楽しいですよね。数学の考え方(企業秘密です)が分かれば誰でも数学好きになれます。
このままの調子で楽しんでいきましょう。


こちらの先生は大変指導力があり...

こちらの先生は大変指導力があり、特に理数に関しては理解させるに留まらず、本人が「数学って面白い!化学ってこうつながって行くんだ」というところまで引っ張って下さったので、すっかり理系好きに成りました。上の子も先生に小学校の高学年よりしっかり叩き込んで頂いたお陰で、今年志望大学に受かる事ができました。大変信頼の出来る塾だと思います。

□□□吉原より□□□
コメントありがとうございます。数学や化学の面白さを分かって頂き私もとても嬉しいです。これからも皆が数学好きになれるよう努力していきたいと思います。上のお子さんに続き志望校に合格できるよう楽しく指導していきます。


12

このページのトップへ