• 卒業生からのメッセージ
  • 生徒さん・親御さんの声
  • 合格実績
  • 勝利のQ&A
side-banner-6.png

HOME > 特別特訓のご案内 >

特別特訓のご案内

  |  一覧へ戻る  |   >

フィリピン2日目

フィリピンで迎える初めての朝。

起床時の空気感からすでに日本とは違います。

朝は施設内にあるミニ動物園のニワトリ君の声で目覚めます!
にわとり.jpg <オハヨーオハヨー!クックドゥードゥルドゥー!


スコールが多く高温多湿のフィリピンは朝からとても暖かいのでスッキリと起きられました。

この日は、初めて授業を受けてきました!


教室.jpg

レッスンは完全マンツーマン

不安もありましたが先生方がとてもやさしく教えてくださるので英語に対する理解がグングン深まっていくのを感じます。


授業中なによりも大切なのは「話す」ということ。

とにかく自分が言いたいことを口に出す。単語の羅列でもなんでも伝える。

すると先生がこちらが言おうとしていることを汲み取って正しい文法に直して教えてくださいます。


このやり方が抜群に分かりやすい!

自分がどう間違えているのか、何が正しいのか、一発で理解することができるからです


普段は教科書とノートで行っている読む、書くといった学習に口に出す、耳で聞くという要素が加わることでより深い理解へとつながっていくのです。


先生が汲み取ってくれるので英語力がない人でも大丈夫。

現にスタッフの方の1人はここにいらした時「yes」「no」しか言えなかったそうです。

「英語を使って英語を学ぶ」ということは思った以上にハードルが低く、とても取り組みやすく効果が高いものであると感じました。


その後はCNE1さんの施設内をぐるっと案内していただきました。

施設内に小さい動物園があったり、広大なマンゴーの樹の森があったりととても雄大です。


ダチョウ.jpgわに.jpg

マンゴー.jpg
やもり.jpgのサムネイル画像<ぼくは関係ないヤモリ!


現地の子供達が通う学校も隣接しており、授業がある時は現地の学校の学生さん達と交流を深めることもできるそうです。(伺った時はG.Wでお休みでした。)
 

授業を終え、食事を頂いた後はショッピングモールへ!

フィリピンでのショッピングを楽しみます
ショッピングモール.jpg


日本と決定的に違うと感じたことは、通行人の方や店の方がとにかくたくさん話しかけてくれるということ!だからこそ実践の場で英語を使う機会が豊富にあるのです。教室で学び、外で使う。この流れは、今後英語を学んでいく上でとても大切に思います。

英語を学ぶのが受験のためで、受験を突破したら勉強はおしまい、なんてもったいなさすぎますからね。せっかく身につけたスキル、活かさないともったいないですから。


フィリピン二日目は、「英語を学ぶ意味」を深く考えさせられる1日となりました。





そういえば今の季節は乾季と雨季が混じり合った気候のようです。
施設には虫や爬虫類、そのほか動物が施設にはたくさんいるようですね。苦手な人はちょっと辛い。でも綺麗な建物は多くて安心できますね!


マンツーマンレッスンという事で当塾でもそうですが、個別だとしっかり見てくれると安心ですし、分からないところ分かるところで進むスピードを変え、自分の力になる実感は自信になりますよね。

英語をより身近にするフィリピンの学習…
机上の上の勉強だけではなく、普段の生活の中から勉強できることはたくさんあります!
コミニケーションをとること。
勉強というのはそこから始まるのかもしれません。

  |  一覧へ戻る  |   >

このページのトップへ