• 教科別指導方針
  • 卒業生からのメッセージ
  • 志望校別 傾向と対策
  • 中学受験対策
  • 合格実績
  • 特別特訓のご案内
  • 受験生駆込み寺
  • 勝利のブログ
  • リンク集
友だち追加数

HOME > 英単語を効率的に勉強するために必要なこと

英単語を効率的に勉強するために必要なこと

勉強

言語の習得にはある程度の時間を要します。そのため、英語は短期間の勉強では成果が出にくい教科だと言われています。学生が限られた時間の中で英語力を高めていくためには、効率的な勉強を根気強く行っていく必要があります。

英語を学習していく上で大きな土台となる英単語勉強方法が分からない、単語の勉強で手間取っているという学生さんは、下記に紹介するポイントを参考にしてみてください。

あらゆる方法を取り入れて記憶の定着を図る

勉強 英単語を覚えるという行為は、長期記憶に当てはまります。「英単語がなかなか覚えられない」という原因の一つとして、すぐに思い出せる記憶として定着させることができていないことが挙げられます。脳に定着しやすい暗記法として、複数の暗記方法を組み合わせるという方法があります。

英単語の勉強であれば、筆記する、声に発する、エピソードと関連付けるといった作業を組み合わせることで、記憶として定着しやすくなります。映画のワンシーンが音声と映像がセットですんなり頭に入ってきたり、時間が経っても鮮明に覚えていることが多いのも、視覚・聴覚からの情報や感動体験などが合わさるためです。これまで、英単語を書き出すだけなど、一つの方法に固執してきたという方は、声に発したり、自分の経験や有名なエピソードと関連付けることをおすすめします。

映像化を意識する

日本で暮らす私たちは、日本語を聞いたら文章のまま意味を理解することができます。母国語で言葉のキャッチボールをしている時に、発せられた言葉に深い意味が含まれていない限り、聞いた言葉の意味を一つ一つ深く考えることはないはずです。文章をそのまま理解することができるのは、文章を聞いたり、見た瞬間に映像が頭に思い浮かぶためです。

単語を覚える時も、文字と結びつけるというよりは、映像と結びつける感覚で勉強していく方が効率的だと言えます。単語を映像として捉えることに慣れていないうちは大変だと感じるかもしれませんが、単語を見てその単語に当てはまる物や事柄をイメージする訓練を積んでいけば、それ程大変ではなくなっていくはずです。

英単語の勉強を効率的に行えば、その後の問題演習の時間を捻出することもできます。受験サポート塾のジークでは、生徒にとって必要な授業を行うことを大切にしています。生徒一人一人の状況を把握する管理体制を整え、ネットレッスンも導入しています。勉強スケジュールのマネジメントや勉強方法のレクチャーにも力を入れていますので、スケジュールを立てるのが苦手な学生さんや勉強方法でお悩みの学生さんも、勉強に集中していただけます。進学塾をお探しの方はぜひ、ジークをご利用ください。


このページのトップへ