HOME > 授業紹介 > SIEG×四谷大塚NET_中学受験コース(反転授業)

授業紹介

SIEG×四谷大塚NET_中学受験コース(反転授業)

1週間の学習サイクルで計画的な学習

SIEG×四谷大塚NETの学習は

   1週間の学習サイクル&Output授業が基本

「予習」→「予習ナビ」→「Output授業」→「演習」→「テスト」→「復習ナビ」→「習得」を1週間で行う学習サイクルがSIEG×四谷大塚NETの基本です。

毎週末の週テストで、学習内容の理解度・定着具合を確認し、週末のうちに復習することで、その週の学習はその週のうちに習得します。
1nen.jpg


5週に1回の組み分けテスト
kumiwake.jpg
5段階・約30レベルの中での位置づけを確認
test_kaikyu.jpg
4週間にわたって新しい内容を学習した後、5週目の「総合回」で 4週分の復習授業とテストを行います。
繰り返しながら深く学ぶこ とにより、より確かな知識の定着と強化を図ります。
なお、5週に一 度の総合テストは組分けテストを兼ねており、学習内容の定着度を 明確にするとともに、クラスを再編成して、お子さまの学力に応じたレベル別指導を行います。


年間カリキュラム「学習予定表」に沿った計画的な学習

SIEG×四谷大塚NET」の学習の特長は、[予習シリーズ]のカリキュラムをもとに、各教科の1年間の学習内容が週単位で予めきっちりと組まれていることです。 <学習内容の確認→授業→復習→確認テスト→テストの見直しの学習計画が非常に立てやすく、 「ムリなく、ムラなく、ムダなく」効果的に学習を進めることができます。



充実のプログラムで、学力アップを目指す 

知能の急速な発達や、さまざまなものに興味が向けられる小学生の時期は、一生のうちで知識や学力を伸ばす絶好の時期です。 
SIEG×四谷大塚NETは、「四谷大塚」が長年培ってきた経験を活かし、最適な時期に最適な指導を行います。
中学入試に必要にして十分な学習内容を、あくまで無理なく進めていきます。

title_4.jpg
4年生は受験勉強のスタートラインです。よいスタートを切るために、この時期はまず「計画的に学ぶ」習慣をつけるところから始めていきます。そして、5年生から始まる本格的な受験勉強に備えて、基礎力の強化に主眼を置いた授業を行っていきます。また、毎週の週例テストを繰り返すことによって、自然と「問題を解く力」が向上します。title_56.jpg
5年生になると、いよいよ受験を視野に入れた学習がスタートします。SIEG×四谷大塚NETでは、6年生の夏休み前までに受験に必要な全領域を学習します。そして、6年生の夏期講習以降は、分野別の総復習で弱点部分を補強するだけでなく、受験に的を絞った学習、すなわち志望校ごとの入試対策(学校別対策コース)を行ったり「合不合判定テスト」を実施するなど、合格を確実なものにする徹底指導を行います。
graph_1115.jpg
四谷大塚NETの詳細はこちら

このページのトップへ