HOME > 授業紹介 > 個別指導コース(反転授業or通常授業)

授業紹介

個別指導コース(反転授業or通常授業)

2つの授業形態

120-6.51.157.42.gif
 予め、学ぶべき内容を
予習した状態で授業に臨むスタイルです。
塾での授業は、予習段階で生じた
疑問点不明点解消するとともに、注意点間違えやすい補足すべき内容
を講師が説明します。従来型の授業形式ですと分かっている内容も聞かなければなりませんが、反転授業では
ロスがありません。さらに、自らが学ぶ意識を持って予習して授業に臨んでいるため定着度も
高くなります。
疑問点等が解消した後は実践演習を行います。聞いて分かったとしても、実際には解けなかった経験があるかと
思います。演習を積むことで自分の
弱点を知るとともに問題を解くスピードを上げていきます。
学ぶスピードが自然と早くなるので学年を超えた学習が可能となります。多くの塾生が2手3手先の学習を行なっています。

予習段階における強い味方「映像・新中学問題集」詳しくはこちら

120-5.51.157.42.gif                                                                           

 授業時間に講師とともに勉強を進めていくスタイルで0からの状態から学んでいく授業です。
勉強が苦手な生徒や勉強をする習慣があまりついていない生徒にお勧めです。しかし反転授業に比べ、
スピードが遅くなるという欠点があります。


生徒それぞれに合わせた授業形態で学校の学習をサポート

学校での勉強方法に不安があるという方はジークをご利用ください。自分に合った授業形態から個別に
カリキュラム
を作成して、目標達成に向けたサポートに対応しています。また、オリジナルカリキュラム
だけがジークの強みではありません。授業外においても、自習室の利用、webテストを使った定着度の確認や
受講科目以外の科目のテストも行うことができます。

また、webテストは月毎に成績優秀者上位3名には賞状、1位の生徒には1000円分の図書カードを進呈しています。

勉強だけでなく部活、スポーツなど自分自身のために努力を惜しまない生徒には画期的なシステムです。


中学・高校・大学受験対策、中高一貫校への受験対策などお気軽にご相談ください。



学力を根本的に伸ばす

ジークの授業は,「学力」すなわち「学ぶ力」,「学びとる力」,「考える力」を伸ばす授業です。
ノートのとりかたや勉強方法、考え方まで基本からきっちりと指導していきます。
いわゆる当てはめ学習ではなく根本から理解するように指導をします。

目標設定

ジークは、InputはもちろんのことOutputを大切に考えています。
力量のある講師であれば授業中に分からせることは簡単です。
しかし、その場限りの理解になり易く定着せずにいるケースが
多いようです。また、コマ(時間)で区切られた授業形態では
Outputの時間を設けると授業料が加算されてしまします。

そこで、ジークではフリーラーニングと称したOutputは
時間無制限で学びたいだけ学べる設定にしました。
「まだ勉強したいのに時間がきたから終了」では、
せっかく波に乗ったのにもったいないですよね。
「学びたいだけ学べる」、理想の勉強空間を提供します。

1. 作戦会議

作戦会議といっても会議室で会議をするわけではありませんよ(笑)。目標達成!というゴールは同じが,
スタートラインとゴールまでの道のりは人それぞれです。どの道のりでも意識ベクトルが常にゴールに
向いていればゴールは近づいてきますが,のんびり自分のペースで勉強してはいけません。
通常,個別指導というと,「自分のペースでコツコツと」がキャッチコピーのようですが,自分のペースで
勉強していてはいつまでたっても先には進めません。どのように勉強をしていくのかを個人個人話し合いながら
決めていきます。
自分自身の目標達成のために何をすべきかを自分自身で決めるわけですから、
自然と勉強が進みますね。

2. 授業

●根本理解を目指す導入授業

単なる暗記ではなく,根本理解を目指した「導入授業」です。
一方的に講師が話していく授業ではなく,学ぶべき内容を生徒が予習します。この予習段階で生じた
不明点や疑問点等を授業中に質問をして解消していきます。分からない部分のみに時間をかけるため
非常に効率良く勉強を進めていくことができます。
 

●「分かる」から「できる」へ演習授業

導入授業で学んだ内容をふまえて,実際に問題を解く「演習授業」です。
講師との対話の中での理解は,まだ「分かる」のレベルです。この状態では不完全で「できる」レベル
までもっていくには,演習を欠かすことはできません。この演習を通して理解不十分な部分を解消し,
実践力をつけていきます。


●その日の授業内容をふりかえる『授業内容確認』
最後に,その日の授業内容をふりかえります。
人間の脳は反復する事で忘れなくなると言われています。授業内容のポイント,つまづきやすい箇所など
思い返すことによって反復します。

3. 演習

授業内の演習とは別に授業内で解いた問題の類題を解きます。演習は使用テキストにある問題または
教科書準拠問題集を使ったりと様々です。納得のいくまで演習をすることができます。また、ジークでは
短い時間で効率よく勉強ができるよう「速く、正確に、美しく」解くことが要求しています。勉強だけでなく、
部活や習い事、遊びも大切です。勉強だけにならないよう集中して演習に取り組みましょう!

4. 確認テスト

定着したかどうかの判断は、やはりテストです。この確認テストは自分の理解を確かめるテストですので
恐れることはありません。
テスト結果はweb上のマネジメントサポートシステムで確認することができます。
出来た場合は、次の目標設定へと進みます。
残念ながら出来なかった場合は、つまずいた箇所を確認し再度テストを行います。

5. 再チェック

再チェックは、理解が不十分の場合のみ行われます。内容の確認はもとより、勉強方法の確認をして効率よく
勉強ができるよう指導していきます
。ジークの授業は,「学力」すなわち「学ぶ力」、「学びとる力」、
「考える力」を伸ばす授業です。
                                                  
   0069_3.jpg        ジークで本物の学力を!

このページのトップへ