• 卒業生からのメッセージ
  • 生徒さん・親御さんの声
  • 合格実績
  • 勝利のQ&A
side-banner-6.png

HOME > 勝利のブログ

勝利のブログ

skプロジェクト 第8回

梶原塾の梶原さんとの対談企画
SKプロジェクトが更新されました。

名称未設定.png

ぜひご覧ください。

一問一答 第四回(問題編)

さあさあ、ここまでみなさんいかがでしょうか?

どんどんいきましょう。今日の問題はこちら!

12:6 問題.jpg

12:6 高校問題.jpg

どちらも基本を積み重ねていけば必ず答えにたどり着ける問題です。
ぜひ挑戦してみてください。

一問一答 第三回(解答編)

さて、前回の解答に参りましょう!

12:5 解答.jpg
12:5  高校解答.jpg

いかがでしたか?

次回もお楽しみに!

一問一答 第三回(問題編)

さてさて、今回も張り切って参りましょう!
今日の問題はこちら!

第三回 小学.jpg

第三回 高校.jpg

次回もお楽しみに!

一問一答 第二回(解答編)

早くも反響が出始めている一問一答。
第二回の解答です!みなさんいかがでしたでしょうか?

小中高対象問題
7109965385335.LINE.jpg
7109965419509.LINE.jpg

中高対象問題

7109965462687.LINE.jpg

いかがでしたか?
次回もお楽しみに!



一問一答 問題編(第二回)

こんにちは!
今回も中学受験用、高校受験用二つの問題をご紹介します。

12:6 中学問題.jpg

12:6 高校問題.jpg

今回は前回より難易度が上がっているかもしれませんね。ぜひ挑戦してみてください!


一問一答 解答編(第一回)

こんにちは。

前回は数列、二次関数の問題でしたね。
今回はその解答編です。皆さん正解できましたか?

12:5 中学解答.jpg
12:5 中学解答2.jpg



数学解答.jpg
12:5 高校解答2.jpg

次回もお楽しみに!

「今日の一問一答」はじめました!

新企画「今日の一問一答」がスタートしました!

7080091270169.LINE.jpg

これから毎日、ジークの教室の前の黒板に問題が張り出されます。
皆さんぜひ挑戦してみてください!

問題は「中学入試向け」と「高校入試向け」
二問の受験問題をご用意!

7080091227170.LINE.jpg

7080091350800.LINE.jpg


小学生からもうこんなに難しい問題やってるの?と驚かれる方も少なくないのではないでしょうか。
回答は翌営業日、新しい問題と同時に掲載予定です。

お楽しみに!

「見抜く力」を身につけよう

「今の日本は情報社会だ」と言われて、否定する人は多くはないでしょう。
日本がこう呼ばれだしたのが1990年代後半からですから、もう20年も前のことになるんですね。

インターネットの発展によって、誰でも素早く様々な情報にアクセスできるようになりました。
現に、ジークの塾生のほとんどがこのサイトを見てジークの存在を知ってくれたようです。

そして、誰でも情報を発信できるからこそ、情報過多、誤情報の蔓延といったインターネットならではの問題が多発しています。
とはいえ、その中で自分に有益に情報を抜き出す力を持っていればこれほど便利なツールはありません。

インターネットを扱う上で注意すべきポイントは以下の3点です。
・検索上位を信用しない
・情報の発信源を確認する
・複数の情報源を当たる

上記のことを守っていれば、インターネットの利便性はグッと増すはずです。

「見抜く力」が重要になるのは何もインターネットだけに限りません。
他者とのコミュニケーションにおいても、とても重要なことなのです。

インターネットが発展してからというもの、私たちの他者とのコミュニケーションはとても幅広いものとなりました。
近年SNSの発展は目覚ましく、LINE、twitter、facebookなど、1つもやっていないという方はかなり減ったのではないでしょうか。

これにより、私達はいつでもどこでも誰かと繋がっていられる状態にあります。
情報のやり取りはよりスピーディになり、コミュニケーションが手軽になったと言えるでしょう。

誰でも誰にでも言葉を発信できるからこそ「自分に有益な言葉を見抜く力」が重要なのです。
・検索上位を信用しない
・情報の発信源を確認する
・複数の情報源を当たる

この三つをコミュニケーションに限定して言い換えるならば
・必ずしも多数派=正論とは思わないようにする
・自分に向けて言葉をかけた相手は信用できる相手かどうかを確認する
・何かあったら複数の人と話すようにする

といったところでしょうか。
特にインターネットにおいては、匿名で相手に言葉をかけることができるツールがほとんどです。
その言葉を発信している相手が信用できないならば、その言葉に果たしてどれだけの重みがあるのか疑問ですよね。
相手に言われたことを鵜呑みにすることもとても危険であると言えるでしょう。

誰とでも気軽に繋がれる時代だからこそ、慎重に判断していかなければいけません。

勘違いしないでいただきたいのですが、決して「自分にとって都合の悪い言葉に耳を傾けるな」という意味ではありません。
謙虚さを忘れてしまっては、せっかくの成長するチャンスを棒に振り、相手からの愛のある言葉を無下にしてしまいます。

賞賛にも悪態にも、有益な言葉は沢山あります。
コミュニケーション過多とも言えるこの時代は、自らの成長のチャンスに溢れた時代とも言えるわけです。

ダイナマイトが戦争にも土木工事にも使われるように
雨が降って喜ぶ人もいれば悲しむ人もいるように

どんな物事にも必ず二つの顔が存在します。

言葉も、情報も、物が溢れている時代だからこそ
きちんと自分にとって有益な物を見抜く能力を身につけていきたいですね。

ベリタスアカデミー、やってます!

最近、ジークの企画で講師も映像授業「ベリタスアカデミー」を一ヶ月で解くコースに挑戦しています!

「映像授業」という学習スタイルもすっかり世間に定着しましたね。自分が受験勉強していた頃にはなかったものですから、「勉強」というもののあり方も時代に合わせてどんどん進化しているのだなあと実感します。

実際に体感してみると、なるほど分かりやすい。今までの勉強との決定的な違いは見る、聞くといった受動的な姿勢で学習が進んでいくことでしょうか。
かの有名なスピードラーニングもそうですが、「受動的な学習」というものは今の世間のニーズとマッッチしているのかもしれませんね。

しかし、いつまでも受動的な姿勢では勉強の効率は上がりません。
映像授業は素晴らしいものですが、それにあぐらをかいていてはせっかくのいい教材が台無しです。

今後どのような教材が登場しても、「自分から能動的に学ぶ姿勢」を忘れてはいけないなあと感じます。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ