HOME > 勝利のブログ > 将来を担う君たちへ > 夢を持つのって本当にいいこと?

勝利のブログ

< 「常識」ってなんだろう  |  一覧へ戻る  |  あなた達が勉強しない事を望んでいる大人がいるってご存知ですか? >

夢を持つのって本当にいいこと?

こんにちは!皆さんには夢ってありますか?
仮面ライダーになりたい。
ケーキ屋さんになりたい。
お医者さんになりたい。

色々な夢があるかと思います。
もちろん大人の方だって、夢を持っている方はたくさんいるでしょう。
起業したい。
音楽で有名になりたい。
在宅ワークで自由に時間を使いたい。

などなど。他にも、「お金持ちになりたい」「幸せな家庭を築きたい」なんてのも立派な夢です。

あらかじめ誤解のないように言っておきますが、夢を持つ事は決して悪い事ではありません。夢は日々の活動の原動力になりますし、目標がないより目標があった方が毎日の生活にハリがでます。

ではなぜ夢を持つ事が本当にいいことなのかを考えなければいけないのか。
少し、私の話をさせてください。

私は小学校時代、「将来はコピーライターになりたい。大人になったらコピーライターになりたいな」と漠然と考えていました。

あれから15年以上の月日が流れ、思い返してみてふと気がつきました。これまでの人生で「将来」などという日は一度も来ていないし、「昨日までは子供!今日から大人だ!」なんて感じた日も一日もなかったのです。

20歳になったとき、高校を卒業したとき、初めてお酒を飲んだとき、もちろん思うところはありました。

ですがどれも小学校時代に感じていたキラキラとした未来像ではなかったように思います。キラキラしているのは常に「未来」か「過去」か「隣の芝」かのどれかです。

そこでようやく私は、2つの事に気がつきました。
「あ、これ、将来なんていう日は待ってても一生来ないな」
「大人と子供の間に差なんてこれっぽっちも存在しないな」

この2つです。
考えてみれば当然です。夢が向こうから歩いてくるはずがありません。目の前に現れた壁を越えているだけでは、行きたい場所に行けるはずがありません。

つまり私は「これが夢です」なんて言いながら、どうやったら理想の自分になれるのか、そのために今何をやっておくべきなのか、これっぽっちも考えていなかったのです。

「いやいや、それはあなたの考えが足りていなかっただけでしょう。考えれば分かるでしょう。」そんな意見もあるかもしれませんね。

1つだけ言わせてください。

全面的に同意します。
いやまったく、お恥ずかしい限りです。

私が恥ずかしい思いをしてまで伝えたい事は
「夢は、そこに行きつくまでの道筋が見えていないならば叶う事はない」ということです。

夢、大人、将来、そういった言葉はどこか幻想的で、自分とは違う世界にあるような錯覚を覚えてしまいます。そしてそれらは、子供の頃に見たキラキラと光るしゃぼん玉のように、決してつかむ事は出来ません。

大切なのは、夢を実現させるための道筋をしっかりと立てる事、道筋が分からなかったら調べる事です。それをしたとき初めて夢は目標へと姿を変え、現実としてあなたの前に現れるでしょう。

この作業に、大人も子供もありません。目標を持ち道筋を立てた1人の人間の前からは、大人だとか子供だとか言った些細な問題は消え去ります。

もちろん目標によっては年齢による制限がかかるものも数多くあるでしょう。ですがあなたが何歳だろうと、目標に向けて全身全霊真摯に取り組み前に向かって本気で突き進み始めたとき、誰があなたを子供っぽいと評価するでしょうか。

何歳になっても子供のままの人もいます。年齢的に、世間から子供として扱われている人もいます。ですが誰でも、すぐにでも大人になることができるのです。
大人だ子供だといった議論にはなんの価値もありません。

夢を持つのは良い事です。ですが、夢を持っていればそれで良いという訳ではありません。
今目標がないならば、色々な事を勉強して、世界の視野を広げてください。
今目標を持っているならば、どうかその目標を大切にして、道を作ってあげてください。目標が変わったって構いません。前に進み続ける意識を持ちつづけていただけたらと思います。

そしてその旅路でもし道が交差することがあったら、その時はお互い大人としてお酒でも飲みましょう。

もちろん、あなたが20歳を超えていたら、の話です。


カテゴリ:

< 「常識」ってなんだろう  |  一覧へ戻る  |  あなた達が勉強しない事を望んでいる大人がいるってご存知ですか? >

同じカテゴリの記事

あなた達が勉強しない事を望んでいる大人がいるってご存知ですか?

こんにちは!大学を出てから色々な人と出会い話をしていて、社会には三種類の働き方があるなあと感じています。

1つは、人を使う働き方。
2つ目は、人に使われる働き方。
3つ目は、人を使う事も人に使われる事もない働き方。いわゆるフリーランスというやつです。

私がまだ学生の頃、「社会の歯車になるな!」という言葉が流行していました。

あなたの人生はあなただけのもの。あなたのやりたいことをやりなさい。誰かに使われるだけの人生なんてむなしいだけでしょう?といったような意見ですね。
そしてそれに付随して、フリーランスで、独立して仕事を始める人が多くいたように思います。「自分にしか出来ない仕事がある。」といったような意見ですね。

すばらしい事だと思います。自分で考え、自分で責任を取り、自分の力で生きていく。とてもたくましい人生のように思えます。

しかし、社会の歯車になることがダメな事のように語る論調は、いかがな物でしょうか。

世の中のほとんどの仕事やサービスは、多くの労働者の手によって実現しています。歯車なくして現代社会は機能しません。

歯車とは、言い換えれば「役割」です。家族内でも、職場でも、人間関係には必ず役割が存在します。一人一人が役割を全うし、組織というなの機械が稼働する。とっても素敵な事のように思えませんか?「歯車上等!」というのが、個人的な意見です。

ただし、ただ歯車になれば良いというわけではありません。自分のやるべき事、言われた事をただ淡々とこなすだけなのであれば、それこそ「歯車になるな」と言いたくもなります。

歯車になったからには、今自分が動かしているのはどんな機械なのか、どんな組織なのか、考えなくてはいけません。

その組織は必要なのか、その組織は社会においてきちんと役割を果たせているのか、その組織はあなたのことをしっかりと守ってくれるのか、きちんと見極める必要があるのです。

そして、これらを踏まえて、自分は本当にそこにいていいのかを考えなければいけません。世の中には、常に自己中心的で、あなたの事を守ってくれない組織だってたくさんありますから。

さて、タイトルにある「あなた達が勉強する事を望まない大人」の正体がだんだん分かってきたのではないでしょうか?
そうです。世の中には「自分の意見に逆らわない、考えるが力がない歯車」が欲しい人がたくさんいるのです。

当然ですよね。逆らう歯車よりも逆らわない歯車の方が使いやすいですし、頼んだ仕事にどんな意味があるかなんていちいち考えない歯車の方が制御しやすいです。ようは「思い通りになる」人は、使う側の人間からしたらそれだけでありがたいのです。だって、言いたい放題使いたい放題ですから。

あらゆる組織に、その組織内だけで通用する「当たり前」があり、「日常」があります。あなたの頭が空っぽだと、組織内での「当たり前」や「日常」はどんどんあなたの頭の中を支配していく事でしょう。そしていつしかそれがあなたにとっての「当たり前」になってこびりつきます。周りの人からどう見えているかに関わらず、です。自分が気がつかないうちに、相手にとって都合のいいように思想を染められてしまったらと思うととても恐ろしいですよね。

だからこそ、これを読んでくださった皆さんにはぜひしっかりと勉強をしていただけたらと思います。

そしていつの日か皆さんがこのブログに染められる事なく、内容に対して反論を送信してくれるのを楽しみに待っています。
その時にうまれる議論は、きっとお互い楽しい物になるでしょう。


スタッフのフィリピン滞在期

GW中にスタッフがCN1主催の語学留学プログラムの視察へ行ってまいりました。
滞在場所はフィリピン!
 
英語を学ぶための手段として語学留学はいかがでしょうか?
初めてフィリピンへ行った生の声や、現地の風景や空気感を少しでもお届けできればと思います。
 
右側にあります飛行機の画像から、フィリピンの滞在記が読めます。
今回は視察ということで3泊4日でしたが、留学期間は最短1週間から約5ヶ月と選ぶ事ができます。ぜひ語学留学へ参考にしていただければと思います。

「見抜く力」を身につけよう

「今の日本は情報社会だ」と言われて、否定する人は多くはないでしょう。
日本がこう呼ばれだしたのが1990年代後半からですから、もう20年も前のことになるんですね。

インターネットの発展によって、誰でも素早く様々な情報にアクセスできるようになりました。
現に、ジークの塾生のほとんどがこのサイトを見てジークの存在を知ってくれたようです。

そして、誰でも情報を発信できるからこそ、情報過多、誤情報の蔓延といったインターネットならではの問題が多発しています。
とはいえ、その中で自分に有益に情報を抜き出す力を持っていればこれほど便利なツールはありません。

インターネットを扱う上で注意すべきポイントは以下の3点です。
・検索上位を信用しない
・情報の発信源を確認する
・複数の情報源を当たる

上記のことを守っていれば、インターネットの利便性はグッと増すはずです。

「見抜く力」が重要になるのは何もインターネットだけに限りません。
他者とのコミュニケーションにおいても、とても重要なことなのです。

インターネットが発展してからというもの、私たちの他者とのコミュニケーションはとても幅広いものとなりました。
近年SNSの発展は目覚ましく、LINE、twitter、facebookなど、1つもやっていないという方はかなり減ったのではないでしょうか。

これにより、私達はいつでもどこでも誰かと繋がっていられる状態にあります。
情報のやり取りはよりスピーディになり、コミュニケーションが手軽になったと言えるでしょう。

誰でも誰にでも言葉を発信できるからこそ「自分に有益な言葉を見抜く力」が重要なのです。
・検索上位を信用しない
・情報の発信源を確認する
・複数の情報源を当たる

この三つをコミュニケーションに限定して言い換えるならば
・必ずしも多数派=正論とは思わないようにする
・自分に向けて言葉をかけた相手は信用できる相手かどうかを確認する
・何かあったら複数の人と話すようにする

といったところでしょうか。
特にインターネットにおいては、匿名で相手に言葉をかけることができるツールがほとんどです。
その言葉を発信している相手が信用できないならば、その言葉に果たしてどれだけの重みがあるのか疑問ですよね。
相手に言われたことを鵜呑みにすることもとても危険であると言えるでしょう。

誰とでも気軽に繋がれる時代だからこそ、慎重に判断していかなければいけません。

勘違いしないでいただきたいのですが、決して「自分にとって都合の悪い言葉に耳を傾けるな」という意味ではありません。
謙虚さを忘れてしまっては、せっかくの成長するチャンスを棒に振り、相手からの愛のある言葉を無下にしてしまいます。

賞賛にも悪態にも、有益な言葉は沢山あります。
コミュニケーション過多とも言えるこの時代は、自らの成長のチャンスに溢れた時代とも言えるわけです。

ダイナマイトが戦争にも土木工事にも使われるように
雨が降って喜ぶ人もいれば悲しむ人もいるように

どんな物事にも必ず二つの顔が存在します。

言葉も、情報も、物が溢れている時代だからこそ
きちんと自分にとって有益な物を見抜く能力を身につけていきたいですね。

どうして勉強しなくちゃいけないの?

皆さんは「ドアクローザー」というものをご存知でしょうか?

ドアの上部についている

6868701837868.jpg

この銀色の装置のことです。
ドアを開けた後、手で押さえなくてもゆっくりと閉まるようにしてくれるものです。

先日からジークのドアクローザーが機能しなくなりドアがバッタンバッタン閉まるようになっていました。
これでは生徒さんの集中力に影響が出てしまいかねません。

業者さんに見ていただいたところ、どうも原因は中の油が流れてしまっていることのようです。

なるほど、油圧式だったのか。
いや、考えてみれば油圧式であることは明白なのですが、
普段意識しないところにも様々な「科学」が詰まっているのだなあと改めて思い出されました。

静かに閉まるのが当たり前になり過ぎていて存在を忘れてしまいがちですが、どんなものも開発した方の努力と研究の成果なんですよね。
今だって新しいものを生み出そうと努力、研究を繰り返している方が沢山いるはずなんです。

ドアクローザーを開発した方はきっと理科や数学の知識を沢山持っているのだろうと思います。
きっとかなりの努力をされたのだろうと思います。

これこそが、勉強をした方がいい理由の一つなのではないでしょうか。
何かを生み出すことで誰かの笑顔になれるならそれに勝るものはありません。

国語だって英語だって、どんな科目でも同じです。
誰かの日常をほんの少し助けられたら、それはとても素敵なことですよね。

今日、業者さんがドアクローザーを交換してくださいました。
早速ドアを開けてみます。

6868968704201.jpg



すーーー………



6868968746506.jpg





……ぱたん




気持ちがいい!!

「ドアが静かに閉まる装置」一見なんてことないように聞こえるかもしれません。
しかしドアが静かに閉まることのなんと嬉しいことか!

こうやって感謝できるのもドアクローザーの存在を知っているから。
勉強すればするほど、日常の様々な仕組みがわかり、いろいろなことに感謝できるのかもしれませんね。

電車が時刻表通りに来るのだって
蛇口をひねれば水が出るのだって

決して当たり前のことではありません。
誰かの努力と研究を結果なのです。

何気ない日常の中に、勉強することの意味を見出してもらえたら嬉しいですね。

ゲームやテレビ...誘惑が断ち切れない!

勉強をしていると、ついつい色々な誘惑に負けそうになってしまいますよね。

ゲーム、漫画、テレビ、スマホ、などなど例をあげればきりがありません。
「今日こそは!」と思ってもついつい手が伸びてしまったり。

では発想を逆転させてみましょう!つまり

ゲームやテレビや漫画を勉強に活かすのです!

最近のゲームやDVDには音声切り替え機能がついているものが多々あります。
そこで、英語と日本語を交互に切り替えてみてみることをお勧めします。

実用的な英語に触れることができ、ネイティブな言い回しなど教科書では学べないことが学べるでしょう。
英語に対する苦手意識を取り払うのにもちょうどいいかもしれません。

日本語音声を流しながら英語字幕をつけるのも非常に効果的です。
英文と訳を同時に見聞きできるので知らない単語や構成のわからない文の言い回しもすんなりと頭に入ってくることでしょう。

慣れてくるとジョークの言い回しや比喩表現の扱い方など、日本と英語圏の国の言葉選びの違いも楽しめるようになりますよ。

作品選びの基準としては、会話が多少分からなくても視覚情報だけで楽しめるものがいいです。
ジャンルで言えばアクションやアニメ、ファンタジー作品などですね。

会話が多い作品だと、一箇所わからない箇所が出てしまうとその後の展開を見ても何をしているのかさっぱり分からなくなってしまうことも…。
内容がわからないと、どんな名作でも楽しめなくなってしまいます。

その点、映像を見れば直感でどんなシーンかわかることの多い映画は、英語に触れるためのものとして非常に適していると言えるでしょう。

小説や漫画でも同様のトレーニングを行うことができます。
小説でおすすめなのは何と言っても「ハリーポッター」シリーズです!
比較的わかりやすい文法で構成されており、非常に読みやすいです。
物語としての面白さはここで私が紹介するまでもないでしょう!

漫画も同様です。絵があるため、内容を予測しながら読むことができ英語のトレーニングにぴったりです。
最近はネット通販でも英語版コミックを扱っている会社が増えたため、覗いてみてはいかがでしょうか。

さて、今回は身近な娯楽物で英語に触れることを提案させていただきました。
当然ですが、これらは英語の学習のために作られたものではありません。

あくまで息抜きの一つの方法としてとらえてくださいね。
しっかりと息抜きをしたらまた勉強に戻ることをお忘れなく。

このページのトップへ