• 卒業生からのメッセージ
  • 生徒さん・親御さんの声
  • 合格実績
  • 教科別指導方針
  • 勝利のブログ
  • 勝利のQ&A
  • リンク集
  • PV集
友だち追加数

HOME > 勝利のブログ > 三寒四温は冬の季語!?

勝利のブログ

< 「大人」ってなんだろう  |  一覧へ戻る  |  どうして勉強しなくちゃいけないの? >

三寒四温は冬の季語!?

最近気温の変動が激しいですが、皆さん風邪などひかれていないでしょうか?
ついこの間気温が15度を下回っていたのにその二日後には25度を超えていたり、着る服にも困ってしまいますよね。
どうか体調を崩すことのないようお気をつけください。

さて、このように寒い日と暑い日が交互に繰り返す気候を表す四字熟語がありますよね。
そう、「三寒四温」です。

この三寒四温という言葉、実は冬に使う言葉だということをご存知でしょうか?

国語辞典を見ると

さんかんしおん【三寒四温】
冬季、三日間ぐらい寒い日が続き次の四日間くらいが暖かく、
これが繰り返されること。

と、あります。
日本では、一般的には春先に使われる言葉のイメージがありますよね。
では、なぜこの言葉は春先に使われるようになったのでしょうか?

実はこの言葉、元々は中国の東北部や朝鮮半島で使われるようになった言葉です。中国、韓国には冬になるとシベリア高気圧が訪れ、気温が非常に不安定な日が続きます。それによって生まれたのが「三寒四温」という言葉なのです。

この言葉はやがて日本にも入ってくるようになりました。しかし、日本では冬季にそのような現象は見られず、代わりに似たような気候が見られる春先に使われるようになったというわけです。

外の文化を柔軟に取り入れる、実に日本らしいエピソードといえますね。

言葉の意味とは常に変化しているものです。
このまま日本で「三寒四温」が使われ続けるならば、もはやそれが本来の意味として使われるようになるでしょう。

「三寒四温」が春先の言葉として国語辞典に載る日も、そう遠くないかもしれませんね。

< 「大人」ってなんだろう  |  一覧へ戻る  |  どうして勉強しなくちゃいけないの? >

このページのトップへ